精進おせち All Vegan Osechi

明けましておめでとうございます。Happy New Year!

Osechi was traditionally prepared in order to give family members a break from work (especially housewives) during the first three days of the new year.

It was also considered bad luck to use a knife during the first 3 days.

Traditionally, beans, vegetables seafood, some meat and sweet dish such as sweetened chestnut were put neatly into tiers of boxes.

They would be strongly seasoned or flavoured or pickled to make it last for a couple of days.

This one in the photo is entirely temple vegan (shojin) prepared by Shojin Cafe in Wakayama. Delicious!!

おせちは新年の三が日ぐらいは包丁を使う様な料理を避けると共に、主婦も料理から解放される意味があったと聞きます。

和歌山市にある精進カフェフォイからオーダーした精進おせちは創造性豊かに食材が使われていました。煮干しを海苔と湯葉であげる発想など面白いアイデアがいっぱい詰まったおせち料理でした。とっても美味しくいただきました。

広告

終い弘法から錦市場 (5) – 湯豆腐 Yudofu – Shopping in Kyoto (5)

All good shopping trip is not complete without a good vegan meal. This is a yudofu (hot tofu) set meal. It was simply delicious. The hot tofu is accompanied by vegetable tempura and tofu dengaku (grilled tofu with sweet miso paste).

京都に行く時は食事も楽しみ。精進料理か湯豆腐を頂く様にしています。

今回の昼食は湯豆腐。豆腐田楽と野菜天ぷらに、蓋をとるの忘れましたが野菜の煮付けも美味しかったです。

師走の人並みも古都の風情にやさしくつつみこまれ、それが絵になる。楽しい京都でした。

皆さまにとって良い新年になります様に。😊

Happy New Year to you all !! 😊

終い弘法から錦市場 (4) – 漬物寿司 Sushi with pickled vegetables – Shopping in Kyoto (4)

以前NHKワールドでお野菜の具材だけを使ったお寿司がある埼玉のお寿司屋さんが紹介されていました。

海外から増えるベジタリアンのお客さんに対応する為の開発品です。色鮮やかで、具材の味を生かしてとっても美味しそう。

普通にお魚のお寿司が食べたい仲間と一緒にお寿司屋さんで食べれるのは、とても嬉しい。

京都のお漬物の老舗西利さんで漬物のお寿司を見つけた時は興奮しました。

ただよく見ると豚肉、牛肉、乳製品が成分あり。ちょっと残念。

植物性だけの出汁で漬けたお漬物でこういうお寿司があったら国内外のベジタリアンやヴィーガンのお客さんも大喜びですね。

ヴィーガン対応のお寿司は他にもあります。

例えば、オランダにあるヴィーガンお寿司屋さん。タピオカを原料に、昆布だしなどで工夫しているみたいです。

https://www3.nhk.or.jp/nhkworld/en/vod/supersaitama/3004503/

Dream come true for vegans might be a sushi opportunity without raw fish.

The first video Is about a sushi restaurant in Saitama. They designed a vegan sushi dish to cater to increasing foreign tourists. Good move!!

Vegan sushi is possible. This is another example from Netherland (second video). We are only limited by lack of imagination…

I became quite excited when I thought I found another vegan sushi at Pickle shop in Kyoto. But on closer look, this mostly vegetable pickle sushi bento appears to contain meat extract. Hopefully, such dish will be readily available without such addition….

終い弘法から錦市場 (3) Shopping in Kyoto (3) Fu by Fuku

先日野菜ソースでご紹介した京都錦市場の麩嘉さんで生の麩も購入しました。季節限定のクルミが入っているものです (中央)。お惣菜にしてもよし、メープルシロップをかけてデザートの様にしてもおいしかったです。写真はヴィーガンすき焼きの食材です。クルミ入りの生のお麩はお餅みたいでとっても美味しかったです。他に鍋用の湯葉や仙台麩(中央上下)。この寒い季節にはとってもいいですね。

Fresh yuba is delicate tasting. This fresh yuba from Fuku contains walnut, a modern twist to a traditional ingredient. Enjoy it with savoury dish of your choice or as a desert simply with maple syrup. In the photo is a preparation for vegan sukiyaki. Sukiyaki traditionally contains beef briskets. Here, we have fresh and dry fu and yuba (centre)instead together with fresh vegetables. Simply delicious.

終い弘法から錦市場 (2). Yuba – Shopping in Kyoto (2)

湯葉には生の物と乾燥物があります。

日本にいる間は湯豆腐料理などで生の物を楽しむようにしています。

乾燥物は戻すと和え物などにも多様に使える上長持ちするので便利ですね。

さすが国際都市京都、寺社が沢山ある関係で、ヴィーガンが喜べる食材がバラエティー豊かにありますね。海外旅行者向けの湯葉の英語での説明もありました。

In the photo is an interesting read about the history of “Yuba” made of soy beans and how one can enjoy this ingredient for vegan cooking. Purchased at Yubakichi at the famous Nishikiichiba market in Kyoto.

終い弘法から錦市場. Yasai Sauce by Fuku – Shopping in Kyoto

東寺で毎月21日に行われるのが弘法大師様の命日。12月21日は年最後の終い弘法となります。

年内の最後の催しということで、寺内は所狭しと露店が肩を寄せます。

植木から骨董陶器、漬物、いちご大福まで、様々なお店が楽しませてくれます。

この冬の寒い季節に出回る‘すぐき’のお漬物。カブの一種で、冬に現れる美味しい漬物です。

錦市場でもありますが、ここでは普通のおばちゃんが漬けたみたいなのがありました。お安くお手頃なのでつい勝手しました。とっても美味しいです。

錦市場では湯葉、お麩など、菜食者には嬉しい食材が並びます。乾物は長期保存様に、お麩などは数日中に工夫して食べるように購入。

このブログでは麩嘉さんによる野菜ソース をご紹介。お話によるとニューヨークで精進料理のレストランをオープンしたそうで、このソースをベースに使っているそうです。私も早速使ってみましたが、美味しいに限ります。トマト、胡麻、醤油など美味に工夫して調合されているようです。食べ物に濃くが出ます。オーストラリアのメルボルンにもオープンして下さいとお願いした次第です。

Kyoto is home to many temples and shrines and many interesting shojin (Temple vegan) ingredients can be found.

Nishiki Ichiba is a famous market for locals and tourists alike. I was able to stock up on vegan items. “Yasai Sauce” by Fuku was a delightful find. They explained to me that they created this sauce for use in their vegetarian restaurant in New York. It contains carrot, celery, soy sauce, vinegar and sesame.

I also visited Toji Temple. Every 21st of the month, Toji in Kyoto hosts a market. You can find plants, fresh food, spices pickles, ceramic and many second hand kimonos. If you are in Kyoto around this time, it is definitely worth a visit.

動物性エキス Meat extract

私はスーパーで必ず成分をチェックします。買物が長引いて仕方がなく、時にはろくに買いたい物が買えず、別のお店に探しに行くということもあります。

口はすぐに肥えます。加工食品に頼った食生活をしていると濃い味に慣れてしまい、薄味が美味しくなく感じたりしますね。

加工食品はどうしても糖分や塩分が多く作られています。保存性を高める他に、濃い味を好む本来の習性にも対応した結果と言えます。他に、“美味しい”を追求するあまり加工品には肉や魚介エキスなど色々なものを入れてくれています。本来は生きていくために動物性の食も嗜めてきた私達。食べられない部分も、ダシなどに無駄なく使いありがたく頂いてきました。

ただ最近は、生きていくための糧ではなく、「美味しい」追求のみが目的になってきているようです。普段口にしている食べ物がどこからきているのかわからない、知りたくない。

新年をもうじき迎えるこの季節、そういうことを考えてみてもいいかと考えます。

When I go shopping, I always check the ingredient list. Shopping in Japan makes this process extra time-consuming as many products including some common food items like simple ponzu (soy and vinegar) can contain meat or seafood extract. What is wrong with simple plant based soy and citrus or vinegar?!

I don’t find such addition flavoursome at all. I also understand how so easy it is to become used to such palate and lose the ability to enjoy the simple goodness of natural flavours.

Eating meat (or seafood) is one thing but deliberately extracting and adding meat extract for the purpose of making food “tasty” is sad, unnecessary and misleading. I cook most of my food (somewhat out of necessity) but it is enjoyable.